法律

法律は解釈のしかたでいろいろとらわれてしまうものだとつくづく思います。憲法九条の解釈を巡っては今でも解釈のしかたがいろいろあるようです。今、ダンスをめぐって風俗営業法が取りざたされています。私も教室を始める時に警察の防犯科に何度も足をはこんだことをよく覚えています。職員は高飛車な態度で接してきましたがひたすら我慢したように覚えています。それから何年かしてダンス教室は風俗営業法から外れたからと許可証を返してくれと言われ教室に置いてあった許可証をもって行きました。最近になって警察から電話がありわけのわからない質問がありその当時の許可証はどうしたかなどばかみたいな質問がありましたが警察で取りに来ていて記録がないとのこと。いかにずさんか知りました。一番法律を理解していないのは取り締まるはずの警察のような気がしてきました。今年になっと学校教育に必修科目にダンスや武道が入ったそうですが教える教師は大変みたいですね。社交ダンスは長い歴史と基本的な教材がしっかりしています。ダンス教室が風俗営業法に含ま れるとは考えられないと思っています。 コメント[0]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。