惜しかった日本

サッカーワールドカップは決勝トーナメントに入り日本はベルギーに惜しくも破れてしまいました。後半の立ち上がりに2点を取りこれはもしかしてと思いましたがこのままでは終わらないだろうと思いました。ジリジリと攻撃が激しくなり最後までゴールを守ることは出来ませんでした。しかしながら堂々とした戦いぶりは日本サッカーの底力を見せたように思いました。フィファの公式ツイッターでは日本が素晴らしい試合をしたと賞賛されました。ベルギーの監督も日本が素晴らしいサッカーをしたと感想を言っていました。 長友選手は試合に敗れた事は悔しいけど精一杯戦い出し切ったので胸を張って帰れるとのことでした。私は日本サッカーが世界でも堂々と戦いる力を付けてきたなと感じました。世界が日本は侮れないと感じた試合だったと思います。お疲れ様でしたサムライジャパン。我々に勇気と力を与えてくれました。寝不足の1日だけど頑張りましょう。