大災害

九州、近畿、東海地方を中心に大洪水が襲いました。この災害で百数十人の尊い命が奪われました。亡くなられた方々には心よりご冥福をお祈りします。さて、近年の雨の降りかたの特徴としては線状降雨帯という言葉があるように同じ地域に次から次いと雨雲が押し寄せて猛烈な雨を降らせ災害を引き起こしています。南の海上で海水温が上がり大量の水分を含んだ雲が太平洋高気圧の西のヘリを通り九州や近畿地方へ押し寄せていると思われます。これも地球温暖化の影響なのでしょうか。今まで災害に遭わなかったからと安心していては遅いと感じました。早め早めの避難や対策を講じることが大切だと思いました。各家庭においても避難用の持ち出しなどもう一度点検しておきましょう。