国政

衆議院が解散しどこの党が国政を担うのか選挙運動もにわかにヒートアップしてきているようです。どの党も原発政策が第一で経済政策、社会福祉、など論戦を闘わしています。政治家はよく次から次へ言葉が出るものだなと感心しています。ある政党はデフレ脱却の為なら日銀にお金を出させて公共事業をふやせという、ある党は消費税は反対、原発即時停止、など財源はどこから出るのか疑問ばかりの党、それでいて国民に喜ばれそうな福祉ばかり訴える党。例えば原発問題はどうでしょうか。これから先、電気料金はこれから右肩上がりでいくと思います。火力発電にかかる燃料費はほとんどが輸入に頼っているのが現状です。日本は資源が乏しくこれからは輸入先の国は日本に対して強気になってくるような気がします。電力会社が買うソーラー発電の料金は我々から徴収されているのです。原発はできればないほうがいいとほとんどの国民は考えているとは思います。しかしながら今まで便利さ快適さを求め続けてきた我々がこれから先我慢できるのか甚だ疑問です。これからの日本の舵 取りは国内外全てにおいて大変だなと思います。選挙には必ず行こうとは思っています。 コメント[0]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。