原子力発電

福島の原発事故いらい世界中の原発をつかっている国々でその安全性に疑問がなげかけられています。もっとも心配されているのが発電所自体の老朽化のように思われます。われわれには想像を絶するエネルギーが核反応によっておこされているのです。建設したときは数十年は大丈夫とされてきた部品がわずか数年でだめになってしまうほどのエネルギーのようでそれを補修する作業員は命がけのようです。昨日テレビで見たフランスの原発では同じ作業員が発電所をあちこち移動して作業をしているようで毎日放射線との戦いに明け暮れていました。今日の新聞には震災の日には福島第二原発でもメルトダウンぎりぎりだったの報道がありました、もし起きていたならとかんがいるとぞっとします。 コメント[0]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。