光りと影

最近のニュースなどで毎日のように目につくのが今年オリンピックが開催される中国のようすです。チャイナドリームというか好景気にわいています。中でも北京近郊はマンションや住宅の建設ラッシュで価格の高騰も半端ではないようです。不動産業者の強引な土地獲得の為の手法には先日テレビをみていて驚いてしまいました、日本では所有権が法律できちんと護られていますが中国ではあいまいのようで保障がきちんとされていないのが現状のようです。立ち退きを余儀なくされた家族の母親が泣いているのをみてかわいそうに思いました。日本がオリンピックを開催した昭和39年には東京には高速道路が張り巡らされいまの中国と同じ好景気に湧いていたのも事実です。経済の発展に平行して環境問題にもしっかり取り組んでいただきたいと思います。 コメント[0]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。